えっ?!自宅で14日間トレーニングするだけで視力が0.3から1.2に!

 

■  レーシックのデメリット



レーシックは、外科手術の中でも、最も安全な手術と言われ、失敗もほとんどないと言われてはいますが、やはり一般の私達にとっては手術は手術であり、その中でも目の手術というだけに、近視を治したくても、中には恐怖感を持ち、どうしても手術に踏み切れないでいる人も多いかもしれません。具体的にレーシックにはどんなデメリットがあるのか、いくつか挙げてみると、

不正乱視・・・
レーザー照射後にフラップを元に戻すのですが、その時に角膜をうまくつけられず表面に凹凸ができ、不正乱視になることがあります。

度数ずれ・・・
白内障手術を受ける場合、眼内レンズの度数ずれを起こすことがあります。眼球の白濁・・・治療が適切に行われなかった場合、感染症が引き起こされ、眼球が白く濁ることがあります。

ドライアイ・・・
目が乾燥しやすくなります。ただ、最近は最新技術で問題点が改善されてはいます。ハロ・・・3ケ月ほどで治まりはしますが、夜間の灯りがぼやけて見えたりします。

グレア・・・
3ケ月ほどで治まりはしますが、明るい光がまぶしく感じられたりします。矯正視力の低下・・・裸眼視力は回復します。しかしメガネやコンタクトレンズを装着したときの矯正視力が低下したりします。

身体検査不適合のことも知っておくべきです。パイロットは視力検査がとても厳しい職業ですが、レーシックに失敗した場合、航空身体検査基準に引っかかって不適合とされます。全ては医療機関の設備、設備の衛生面、医師の技術などによって左右されます。このため、レーシックを受ける時は、医療機関選びが最も重要なポイントとなってきます。費用だけでなく、医師と手術内容などで充分相談してから決めるべきです。



■  視力回復方法人気ランキング


1位 【 川村博士の視力回復法”ジニアスeye" 】
・ロングセラーには訳がある!14日間で0.3を1.2にする方法とは?!
 今もっとも人気の視力回復プログラムです♪
・あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人
 者が手術を一切しないで、視力を回復させる方法を大公開!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 【 1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 】
・あの卓球の愛ちゃんも取り入れている最新手法が2位に!
・1日13分、たった2ヶ月で視力をアップさせる方法です。
・6年間で987人の子供の視力を0.8以上回復させた実績あり♪
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 【 楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット 】
・視力アップする為の原理原則がマスターできます!
・特に、お子さんの近視に悩むご両親の方から非常に高い人気。
・トレーニングキットがついているのも嬉しいですね。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 近視矯正手術・レーシックとは
視力矯正のための手術で、最先端のものにレーシックがあります。これはメガネ・コンタクトレンズに続く第3の視力矯正の手段として注目されているもので、レーシック人口はどんどん増えて・・・続きを読む

★ トレーニングで近視治療
視力回復の手段として、レーシックなどの手術以外に、視力回復トレーニングもあります。しかし、眼科医の中には視力・・・続きを読む

★ 現代の子供の近視
最近、子供の近視が増えているとよく言われます。特に都会の子供の近視が多いと言われますが、これは、テレビの見すぎや、ファミコンのし過ぎ、などが原因では、とよく言われます。しかし・・続きを読む